将棋をもっと楽しく
親しみやすく
世界へ

株式会社ねこまど

お知らせ

『どうぶつしょうぎ』と『たべっ子どうぶつ』のコラボレーション!


(リンク先 報道資料PDF 505KB

『たべっ子どうぶつ「どうぶつしょうぎ」』パッケージ発売!

株式会社ねこまど(本社:東京都新宿区 代表取締役:北尾まどか)
は、株式会社ギンビス(本社:東京都中央区 代表取締役社長:宮本隆司)
とのコラボレーションプロジェクトにおける共同開発商品として、
『たべっ子どうぶつ「どうぶつしょうぎ」』パッケージを、
数量限定で発売いたします。

■今回のコラボレーション企画に寄せて

今年81周年を迎えるギンビスさんの「たべっ子どうぶつ」は
子どもたちに愛され続けているおやつのロングセラーです。

どうぶつシルエットのおいしいビスケット。
私もこどもの頃から大好きでした。

『かたちとアルファベットから、なんのどうぶつか考えて
正解したらそのビスケットを食べる』
幼い頃の母との遊びは、懐かしい思い出です。
今思いかえしてみると、楽しい勉強法だったんですね。

その記憶が、「英語でどうぶつしょうぎ」など
海外のこどもたちへ将棋を教える活動の源流となっています。

ご家族と、お友達と、おいしいおやつを食べながら、
みんなで一緒に将棋に親しみ、考える力を養って
どうぶつしょうぎを楽しんでいただければ幸いです。

将棋・女流棋士  北尾まどか
(『どうぶつしょうぎ』ルール考案者)

■コラボレーションの経緯

かねてよりギンビスの『たべっ子どうぶつ』は、
お菓子を通して知育に取り組んできました。
しかしながら、現代の知育においては「知識」だけではなく、
「考える力」を求める傾向が強くなっており、『たべっ子どうぶつ』でも
「考える力」を養う企画が何かできないものかと考えていました。

そんなある日、担当者の目に留まったのが、いつも友人と遊んでいた
『どうぶつしょうぎ』でした。子どもたちを対象にしていること、
かわいい動物のキャラクターを使用していること、
そして商品を通じて子どもたちの学習・人格形成に寄与していること。
『たべっ子どうぶつ』との多くの共通点がありました。
そして何より、求めていた「考える力」を養うことができるものでした。

ねこまどにコラボレーションの話が来たのは、2011年の夏。
奇しくも2011年はギンビスにとって創業81周年
(=盤寿:将棋盤のマス目が9×9=81になることから“81”は棋界で特別な数字)
であり、運命的なものがありました。
検討を重ねた末、『たべっ子どうぶつ』のパッケージ上で
『どうぶつしょうぎ』をつくり、遊べるものにしようという話がまとまりました。
より多くの方々へ将棋の魅力を伝えていきたいねこまどと、
より多くの方々へお菓子を通じた知育を進めていきたいギンビス。
双方のアイテムを活かしたコラボレーションによる相乗効果で、
相互の目的達成に向けて力を合わせていきます。

■商品概要



商品名 :『たべっ子どうぶつ「どうぶつしょうぎ」』パッケージ

販売者 :株式会社ギンビス

価格 :希望小売価格110円

発売チャネル:全国のスーパーマーケット等

店頭展開:2012年2月上旬~3月中旬
(※通常の『たべっ子どうぶつ』パッケージをこの期間本商品に切り替えます)

商品特徴:
現在大人気の『どうぶつしょうぎ』と『たべっ子どうぶつ』がコラボレーション!

パッケージ側面・裏面を切り取ると、
『どうぶつしょうぎ』の駒と将棋盤になります。

作り方・遊び方は内面にあるので、簡単に作って遊ぶことができます。
また、将棋の持つ知育効果で遊びながら考える力を養います。

おいしく食べて、楽しく遊び、学習する。お子さまのおやつにぴったりの商品です。
------------------------------------------
【企画・商品に関するお問い合わせ】
株式会社 ギンビス マーケティング部 (担当・塚本)
〒306-0206 茨城県古河市丘里2 TEL 0280-98-2311 FAX 0280-98-2308
更新:2011-12-26